応急的な環境を作った(自宅PCの話)

というわけで、自宅PCはデータ用にしてたHDDが認識しないなどの不具合があるので、データをサルベージする前にあれこれやって取り返しがつかなくなるとあれなので今まで使っていたストレージは取り外して放置の方向で。

昼間にCPUのベンチを調べながら今のi5-2500Kと同じくらいのものを見繕ってそこからマザーボードや電源などをピックアップしてみたらAmazonで総額7万円くらいの見積もり。

なにせ7年もののマシンになるので流用出来る部品が少ないのと耐用年数が危ないので新規部品でまるっと作り直したほうが先々の事を考えると安心感があるよなぁなどと思ってみたり。

もう電源ユニットが上に張り付いてる時点で古い配置のケースだなってわかるわけですよ、自作PCやってる人だと。

とりあえず応急的にはブートドライブ用の空のSSDを調達してくる必要があるなぁというところ。
あと今までさんざんアップデートで運用してきたWindowsもいい加減メディアで購入するべきかなと思ったり。

いずれにしてもパソコンにおける代用の利かない資源というのはハードウェアではなくソフトウェア、データ資産なわけで、一番最初に保護するべきは高価なパーツではなくストレージの中身だという事だったりするよなと。

撮りためてきた写真やiTunes以前のmp3なんかはこのストレージがまったくだめだった場合にほとんど消えるという方向になるのでそりゃもうアレなわけですよ、アレ。

で、家でネット出来ないのはいろいろと不便なので会社で使っているポータブックを家に持ち帰り応急的に環境を用意するなど。

ポータブック自体のスペックって大したことないんだけれども、ここからリモートで会社の、無理やりメモリを増設させてもらったPCを動かすとネットと事務処理くらいならストレス無く出来るので精神の安定は確保出来るという寸法。

自宅用にもう一台ポータブック欲しいくらいだなw
リモートクライアントとしては優秀だと思いますよ、これ。

いつぞ表の記事でかいた事あるんですけども、本体開かなくても電源のオンオフ出来てあんまり邪魔にならないフットプリントのノートPCって意外と選択肢ないんですよ。
こういう使い方するなら意外と優秀だなぁと。

ポータブック使いの目 ~ 今ドンキPCを再考してみる記事。 | シロクロスカイ