ただの日記。

昨日は天気がやたらと良くて暖かかったのでしばらく放置していたバイク小屋の前の雪かきをした。

そのついでに充電でもしておこうかとエンジン始動させておいた。
しかしながらアイドリングだけじゃ気休め程度でしかないので走らせる事にした。
ついでにタオバオで買っておいた本体価格500円のベトキャリも取り付けることにした。

当然中華の安物キャリアなので付属のネジだけでは足りず、近所のホムセンまでちょっと走ってタッピングビスとワッシャとスプリングワッシャを買ってきた。
まぁそんなもんだろう。

ベトキャリがついたのでついでにラフアンドロードのスクーターフロントバッグの取り付けもしてしまう。

ちょうどはまるくらい。
乗り降りは回し蹴りになるけれども、まぁ積載性と利便性には代えられまい。

 

で、一応町内の見えている範囲に限っては路面はすっかり乾燥しているし、充電という名目で乗るのだからある程度の距離は走ってきたい。
ということで年明けからずっと「そういやジジさんところに初詣いってないな」と思っていたので、豆腐屋のドーナツを手土産にして十和田まで走ってみる事に。
おそらく経路的に一番路面の残雪が予想されるのは野辺地町内なので、その辺で進行不可と判断したら素直に帰ってこようくらいのつもりで。

 

有戸のストレート。
北目の越だっけか。
縦貫道が出来たために交通量が減って原付乗りにはありがたい限り。

いくら晴れていて暖かいとはいってもそれは「2月にしては」という話であって普通に寒い。
ヒートテックのエクストラ上下に暖パン、ニットセーターにウルトラライトダウンジャケットとオーバーパンツとライディングパーカーとネックウォーマー。
グローブは夏に使っている作業用グローブのまま。
厚いグローブで操作性損なうのだけはどうも好きになれない。

元々指先に関しては人よりも冷えにくい体質らしく、気温5度前後でも、指先は冷たくはあるけれども全然耐えられるのでこの辺は得な体質だなとは思う。

 

「この辺の地域でこんな時期にバイク乗ってるやつがいたらそりゃ相当なスキモノだろう」
とか思いながらバイクを走らせていたら有戸を過ぎたところで二灯のスクーターを見かける。
スクーターだけども多分間違いなくスキモノなので手を振ったら確実に返事があるだろう…という確信をもってヤエーしてみると大げさなくらいの返事があった。
こんな寒い中でもバイクに乗りたいという人間同士が路上ですれ違ったらそうなるわな、うん。

で、そうこうしながらジジさんのお店に到着。
まだ気温が低い事もあって、あまり遅くなると雪解け水で濡れた路面が凍結しはじめる可能性があるのでいつものようにダラダラと居続けてはいけない…16時半、遅くても17時には帰ろう…

 

 

時計を見たら17時半だった(;´Д`)

 

そそくさと撤退。
そういえば道中やたらと燃料系の針の動きが大胆で、元々精度の良くない燃料系ではあるけれども、そんなにガリガリと針動くとか燃料漏ってるんじゃね?と不安に思いながら走ってきたけれども、駐車場ではお漏らしの様子無し。
帰りに給油して帰ってみたら約3L入って、自宅に着くまで針はほとんど動かず。

まぁあるよね、燃料満タンにしてから針が動くまでって結構な距離走って、針が動き出してからはすぐ下まで動くっていう感じの。
多分今日の走り出しの時点で針の動き出しの分量だったんだろうな、偶然にも。

あぁそうだ、給油する段階になって気づいたんだけど、ラフロのスクーターバッグが邪魔でシートが全開にならないw
全開にならないだけで給油出来ないわけじゃないけども。
まぁでも許容範囲内。

 

約127km、滞在時間含めて6時間少々だったけれども、やっぱりバイクに乗ってきた日は疲労感が心地いいし、何より気分がいい。

寝て起きて今朝の事だけれども、気分が軽い。
やっぱりバイク乗りってのは定期的にバイクに乗ってないと湿っぽくなるんだろうなぁというのを感じた1日だった。