攻撃性の露出は損失にしかならないとかなんとかうんぬんかんぬん。

趣味的にも職業的にもハンドルを握って路上にいる時間が多い。
故に朝晩の通勤帰宅時間のやたらと攻撃的な車両を目にする機会も多い。

単純にアクセル踏みたいだけなら、車通りが少ないルートや時間帯を選べばいいのだし、前の車に追いついて流れや地形線形的に追い越せないのであればそこでアクセルを緩めればいいわけだ。

そうではなくて、通勤時間帯にやたらとアクセルを踏んで前の車を煽りまくる奴は、それどうなのと。
なぜ自分が急がなければならなくなったのか。
まぁおおよその場合、様々な都合やら事情やらあるのだろうけれども、ほとんどの場合は自己の過失によるものだよなぁと。
要するに時間的余裕を確保出来ずに生活しているんだろう。

とは思うものの、その点に関しては自分にも心当たりはあるし、気持ちはわからなくもない。
でも、だからといって周囲の車に危害を与えんとする勢いで運転をしていいというわけではない。
大体にしてあーゆーのは急げばまだ間に合うという希望がそうさせるのであって、完全に間に合わない人間は意外と「急いでも仕方が無い」と割り切ったケースも多いだろう。

それがまた混み合う通勤の時間帯だからこそ余計に発生しやすいのだろうなぁと。

で。

その急げば間に合いそうな雰囲気の中でアクセルを踏み散らかしてる人間がやってしまうのが前走車に対する煽り運転、車間距離詰めだったりして。

これが大きな判断ミスだよなぁと思ったりする。
人間なんて基本的に根性が悪いというか、攻撃に対しては報復もしくは防衛的態度をとろうとするもんで、煽り運転をされている状況において「あぁ急いでるんですねはいどうぞ」なんて素直にハザードをあげられるほど上手には出来ていない。
理想的な対処法だとはいえども周囲の交通状況や流れまで含めて考えてみると、速度を落とすこともなく越した越されたというやりとりをせずにおとなしく流れに従って走っているのが最も効率的だと判断するのが正しいケースが多かったりする。
どうせ通勤時間帯の流れや交通量を考えた場合においては1台2台こしたところで信号に捕まってプラマイゼロという事のほうが多いのだし。

大体煽られて「はいそうですか」で速度を上げられる場合なんてほとんどない。
自分の前に車が居ればその速度で走るほかないし、自分の前に車が居なければ相応の速度で走っている車のほうが多い。
要するにその相応の速度で走っている車に追いついた上で追い越そうとしているのである。
同じ方向に向かって走っているとは言えども流れに従っていない走り方といえる。

そんな状況で煽られたところで速度を上げることも出来ないのだし、本当に意味のないあおり行為をして周囲のドライバーから反感を買うだけでしか無い。

その結果どうなるかというと、地味な嫌がらせや報復をされ続ける事になる。

 

急いでいて追い越しをしたい場合、変に前の車を煽ってもヘイトを積もらせるばかりなので、アクセルを踏んで走っているときに前走車に接近した際にはある程度車間距離を維持して攻撃性を悟られないようにタイミングを待ち、瞬間的に抜いていくのが最も効率的でスマートな追い越し方であろう。

近づきすぎたり追い越したいと思いすぎるが故に前走車の前をうかがうようにセンターライン側に寄りすぎたりチラチラと対向車線にはみ出しすぎると前走車は当然警戒する。
警戒して当たり前なのである。
攻撃されていると感じるから。

運転に自信を持つのは結構な事だが、周囲の交通に対する配慮に欠いたり、圧を与えすぎたり流れを壊したりという運転は上手な運転とは言えない。

大体前の車と車間距離を詰めたまま走行した場合において、そこからの追い越し加速は前走車との相対速度がほとんど無いまま反対車線上で行う事になる。
そうすると余程パワーがある車でもなければ朝のシビアな交通状況において追い越しのタイミングをひたすら逸し続ける事になるわけである。
正直言ってビタビタ貼り付いてくる運転手は何も考えていないオツムの足りない運転をしているとしか言えないよなと感じる。

対向車線を利用する以上、対向車の切れ間を狙っての追い越し行為となるわけで、その短い切れ間を有効に利用するためには、対向車線での滞在時間を可能な限り減らすという方向で組み立てをする必要がある。
つまりは追い越しする車両とされる車両の相対速度が大きければ大きいほど追い越しに必要な距離は短くなるし、必然的に対向車線での滞在時間も短くなる。

ではどうするべきか。
簡単である。

追い越したければ追い越したい車両から離れろ。
ただこの一点に尽きる。
その車間距離を使って相対速度を稼ぎ出し、相対速度が高い状態から対向車線に入るのである。
運転が上手いと自負するドライバーであれば毎日の通勤で走行するコースの形状は嫌というほど熟知しているであろう。
必然的にパッシングポイントは覚えているであろうし、コーナーの先が見通せて対向車の有無が確認出来るポイントもわかっているはずである。
その対向車がクリアだと確認出来たタイミングで対向車線に進入し追い越し動作に移れるような組み立てをする必要がある。
そのためには自車の加速性能や車間距離の維持、対向車があった際に追い越し動作に移れなかったときに即座に減速できる安全性の確保など、考えるべき要素はたくさんある。

普段なんとなくでやっている追い越し動作も一つ一つ要素を洗い出していけば無駄が多いことがわかる。
パッシングポイント一点に絞って組み立てられた追い越しは後続車の追走そのものすら許さない速度での走行すら可能にする。

 

と、まぁ追い越し理論を突き詰めていくと煽り運転はまったくもって非効率かつ非論理的な行為だということが見えてくるわけだけれども、それ以上に大前提として制限速度を守らずに走っているからこそ渋滞が発生するのである。

渋滞学というものも存在するけれども、それをひもといていくと渋滞の発生源は遅い車に原因があるのではなくむしろ速い車がどんどん前走車に追いつき交差点や信号などの処理台数を超えるからだとされている。

要するに全員が制限速度を守って信号に従って素直に運転していればスムーズに流れるようになっているはずなのだ。
急いでいるつもりの人間の無駄な行為が積もり積もってお互いの首を絞めているだけなのである。
本当に無意味で無駄な事だよなと感じる。

急ぎたければ周囲のドライバーにプレッシャーを与えない運転をするべきだし、なによりも急ぐ必要性を作らない生活リズムそのものが求められるのである。

とばすなとは言わないけれども、少なくとも攻撃性を剥き出しにした運転は誰も得しないので本当にやめたほうがいいと思う。本当に。