ご挨拶。

この度、私 水無月 蓬は36年の生を終えることとなりました。 というのも、もともとは幼い頃から生きづらさを常に抱えて生きてきており、それは20代半ばになっても克服出来ないままで「なんのために生きている…